中野ギタースタジオ合宿@秋吉台国際芸術村 終了

中野義久先生は下関を拠点に活動されている福岡、広島など各地で活躍されているギタリストで、私の大学時代の師匠です。
その中野先生が主宰する合宿にゲスト講師として昨年に引き続きお招き頂きました。
同じく中野門下、山口で活動されている吉岡先生もゲスト講師として参加されました。

参加者の方は、年齢も様々、日頃師事されている先生もご出身も様々でしたが、
「ギターが好き!」という共通項の下に交流を楽しんでいらっしゃいました。

到着後間もなくオープニング・ガラ・コンサート!
これから始まる講習会、合奏に向けてモチベーションを高めて頂きます。
講師陣によるソロ、DUOの演奏でした。
私のソロはリクエストにお応えしてバッハを弾きました。

違う角度から見た写真。
光が射し、緑が見えて、気持ちも良いです!

バッハの曲について簡単に解説中

吉岡先生によるセミナー「ハイポジション~入門編・応用編」

食事は品数豊富なビュッフェ形式です。

こちらも素敵な食堂ホール
ブライダルが行われることもあるようです。
ここで演奏するのも良さそうです。

中野先生のセミナー「初見演奏入門」
写真が撮れませんでしたが、
2日目には私のセミナー「和声が分かれば表現法が分かる!?」
どちらかといえば経験のあるベテランの方向けの内容ですが、
初心者の方にも分かりやすくするため、要点だけを絞り、
できるだけ具体的にまとめるよう腐心しました。
ただやはり音大で数年かけてじっくり勉強するような内容を
一時間弱にまとめるのは困難で、
かなり強引にまとめた感がありますが・・・
そして最後に参加者の皆さんによる発表会と、
合奏の仕上げの発表があり、みんなでヴィヴァルディの協奏曲を演奏しました。

記念撮影
年齢も出身も先生も様々、
そんな皆さんが集まって交流できる場があるって素晴らしいですね!
(ひとえに中野先生のご人望と事務担当・影の立役者の伊藤さんのお陰です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です