佐世保、そして六本木へ

皆さん、こんにちは! ヾ ^_^♪

先日アルカス佐世保中ホールで行われた長崎音楽祭のイベント
「長崎県新人演奏会記念演奏会」
に主演させていただきました。

こんな長くて紛らわしいタイトルがついていますが、今回は新人の為の演奏会ではなく、過去に新人演奏会に出演したいわば「元新人」による演奏会なのでした。(*^_^*)

開演前の腹ごしらえにはもちろん佐世保バーガー!!
このお店(Big Man)はベーコンエッグが売りのようです。

終演後、今回共演させて頂いたフルートの永留結花さんと。
とっても熱く明るく気さくで好感の持てる方です!

この日はピアソラのタンゴの歴史より第1,3楽章をお聴き頂きました。
フルートとギターの掛け合いが多く、演奏している我々にとっても、とても楽しい曲です。

※ちなみにこの曲は12月15日のライブでも演奏いたします。

永留さんと再会を(勝手に)約束し、会場を後にしました。
長崎県文化振興室の皆様にはなにからなにまで大変お世話になり、本当にありがとうございました。

その翌々日に東京・六本木へ行ってきました!

先日、新しい東京駅を見てもなんの感慨も湧かなかった(以前の姿を知らない)田舎者の私です。六本木ヒルズにはもちろん初めて足を踏み入れました。

大学の後輩の披露宴で数曲演奏し、友人たちとの再会を喜びました。
本当に楽しかった~♫

六本木ヒルズ51階にて。見てください、この笑顔!(^^♪

素敵な披露宴でした。呼んでくれてありがとう!

結婚式って特別な緊張感がありますね。何度か泣きそうになりました。

さて、来週12月4日は福岡でリサイタルです。
皆様のご来場を心よりお待ち致しております!

“佐世保、そして六本木へ” への 3 件のフィードバック

  1. ゆーま母 より:

    近藤先生、披露宴ではどのような曲を演奏されたのですか?

  2. ゆーま母さま

    コメントありがとうございます!
    新郎の希望により、11月のある日、ダンサ・ブラジレイラ、サンバーストの3曲を演奏しました。
    披露宴などでは会場が広いのでPAを使うのですが、特に11月のある日はナマよりもマイクを通したほうがかえって映画音楽のように聴こえて感じが良いとの反応でしたね。

    1. ゆーま母 より:

      披露宴で聴いた曲って新郎新婦にとっては一生忘れられない思い出になるので、責任重大ですよね。選曲むずかしそう~と思っていたら、新郎様のリクエストなのですね!素敵です❤幸せに包まれた会場で聴く演奏はどんなに素晴らしかったことでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です